ロゴ

知ってて損なし!貸事務所に移転を考えるときにタメになる話

私服の女性

移転の主な理由

貸事務所の移転を考えている方の多くの理由は、社員の増減に伴いオフィスの面積に対して、人の数が合わなくなったことが挙げられます。他にも、事務所近隣の環境が変わって業務に支障がでたり、建物の老朽化が原因になったりというそういった理由で事務所移転を決める企業も多いようです。移転は会社にとって大きなイベントですから、慎重に行わなければいけません。

男女

あなたの事務所は大丈夫?

移転を他人事と捉えてはいけません。あなたも貸事務所への移転理由に心当たりがないか確認しておきましょう。あなたの判断だけで決めるのではなく、社員にも今の事務所の環境を聞いてみましょう。働く環境が良くないと社員離れが起きてしまいます。ビルの設備や衛生環境、交通のアクセスが不便などの問題がないか調べておきましょう。

移転の際に準備する書類

  • 法人謄本
  • 会社概要
  • 決算書2期分
  • 代表者身分証明書

移転を考えている企業に人気!貸事務所ベスト3!

オフィス
no.1

余裕型

余裕型が1位です。その理由は、人材が増えたことによって、今のところよりもスペースに余裕のある貸事務所に移転をする企業が多いからです。また、このタイプの貸事務所は交通のアクセスが便利な立地が多く、来客対応が多い企業に人気のタイプです。

no.2

スタンダード型

面積や賃貸料を重視して貸事務所を探している企業に人気です。また、安全性を求めて移転を考えている企業に選ばれていて、中小企業が多いようです。営業所や支店として移転の対象となっているので、利便性や快適性が約束されているタイプの貸事務所となっています。

no.3

こだわり型

こだわり型が3位の理由は、自分のこだわりを重視した企業に選ばれているからです。こだわり型の事務所は、人数の少ない企業に向いています。ですから、コスト削減や快適性を求めてこだわり型のタイプに決めている企業も多いようです。

借りる前も借りた後も後悔しないように

職場環境を良くするために、新しいことを始めるために貸事務所を借りますが、借りる前にたくさん確認事項があるように、借りた後もいろいろやるべきことがあります。ですから、どんなことが必要になるのか今のうちに知っておきましょう。

貸事務所を利用するにあたって気になる疑問は徹底解消

男性

どの程度までが、原状回復の対象に含まれますか?

貸事務所を借りるのなら、知っておきたいことですよね。原状回復は、オーナーの判断で変わってきます。ですが、最初の入居時の状態に戻すことを原則としています。気になる傷みの箇所については、ビルオーナーにご相談ください。

今入居している賃貸事務所を解約したいんですが…

解約する場合は、退去日から逆算して6ヶ月前までに、遅くても3ヶ月前までには通達してください。中途解約になる場合は、その間の賃料を支払うことになりますので、確認が必要になります。貸事務所を借りるときの契約書をしっかり確認しておきましょう。

移転予定なので、電話を先に移しておきたいのですが可能ですか?

電話の移転は約1ヶ月前から受け付けていることが多いですが、移転工事に約1週間から10日ほどかかります。ですから事前に移したい場合は、早めの予約が望ましいです。その際には、現入居事務所の電話機器の取り外しを行って移設してください。